ウルトラソニックモノクロスケール。

真面目な記事とふざけた記事を交互に書きます。躁鬱気味だとも言えます。

骨のあるヤツになりたい。色々つらいことはあるけど。

今日の僕はイライラしていた。ここ数週間恋人と大喧嘩の最中だし、昨日は日曜なのに休日出勤。何もしなくても今日は月曜日で最悪なのに仕事も一段と駄目。作業者は修正指示を無視し、依頼者は要件を無視し、上司はそんな状況を無視した。良いのは社長の機嫌だけだ。

 いっぱいいっぱいだった。コップになみなみ注がれた苛立ちが表面張力でプルプルしていた。唯一、終業間際に同僚からの放たれた残業パスを華麗にスルーできたのはファインプレーだったといえる。あやうくロスタイムだ。許せ同僚、僕はもう今日は無理なんだ。もう帰ろう、急いで帰ってさっさと寝よう。たまにはこんな日もあるさ……そう思っていた帰りの電車で、事は起きた。

 

電車が動かない。人身事故だそうだ。

 

さすがにここまで不運が続くと、なんだか仕方がないような気がした。それまでのイライラがダラダラと零れて、一気に力が抜けてしまった。

 ツイてないとは思いつつ、着かない訳では無かろう、とじっと壁にもたれかけていたが、これは判断ミスだった。田舎生まれの僕は、満員電車の恐ろしさを知らなかったのだ。

 いやはや、都会で電車が止まるって、すごい事件なんですね。いやもう押すわ混むわ五月蝿いわで凄いのなんのって。普段あんなにまったりな京阪本線があんなになるとは思ってなかった。どこがおけいはんだよって。

 東京人は毎日あのレベルの満員電車だと思うと本当にすごい。修行だと思う。前世で悪い行いをしたんだと思う。都民ファーストの力でなんとかすればええやんと思います。

 

閑話休題。あまりに唐突な帰宅ラッシュに「オイオイオイ、死ぬわ俺」と思ったが、誰かか死んだからこうなったのだ。たまらず僕は途中下車してピークを過ぎるのを待つことにした。戦略的撤退ってやつである。

 初めて降りる駅だ。特急が止まるのだから小さい街ではなく、つまり近くにご飯屋さんはあるはず。とりあえず適当にお店を見繕って食べながら時間を潰すか、なんて気分は孤独のグルメだったけれど、すぐにケンタッキーの夏野菜サラダプレートの広告に目を奪われKFCに吸い込まれてしまった。食べたくなるなる、ケンタッキー。しかしこの安易な行動も災いとなったのだったのだ。

 

「この、夏野菜サラダプレートを単品で」と指をさした瞬間、敗北と失敗を悟った。「この、夏野菜サr」あたりで、店員さんがバツの悪そうな顔をしたのだ。間違い無い、売り切れだ。あんなに美味しそうな広告を打ったのだから、予測できてもよかった。店員さんに申し訳ない振る舞いをさせてしまって申し訳ない。

 分かっている、注文された夏野菜サラダプレートが売り切れなら、横のコンビプレートがレコメンドされる手はずなのはわかっているんだ。僕だってその選択肢に乗るつもりだ。野菜と肉を食べたくて夏野菜サラダプレートを注文したのだ、無ければ下位互換のコンビプレートになる。当然だろう?

 店員さんがゆっくり口を開く。

「お客様申し訳ございません、」待て、みなまで言うな。もう売り切れは察しているんだ。あと1秒待ってくれればコンビプレートに注文をシフトする、頼むから待ってくれ。

「夏野菜サラダプレートは本日売り切れてしまいまして、」もう店員さんは止まらない。ジーザス神様。どうか時を止めてくれ。過去の馬鹿だった僕を叱ってくれ。

「似たメニューですとこちらのコンビプレートなどいかがでしょうか」神よ。こんな悲劇があっていいのか。世界に救いは、愛は無いのか。じゃあそれでお願いします。(この間5秒)

 

そこからの注文はスムーズだった。セットにするとよりお得なこと、ドレッシングの種類、チキンの骨の有無、お冷の要不要を確認された。単品、野菜ドレッシング、骨無し、要お冷。滞りなく注文は進んだ。会計をする頃には、2人の間に流れていたほんの少しのギクシャクした雰囲気は解れていたと思う。

 「こちらでお待ちください」そういう店員さんは吹っ切れた様子だった。僕はそれに「はい」とだけ答えた。もう二人に言葉は要らない。お互いのことを信じていたからだ。真っ直ぐと前を向いた、澄んだいい眼をしている。彼ならきっと、最高のコンビプレートを提供してくれるだろう。

 

「お待たせしました、コンビプレートのお客様!」新鮮な緑が香ばしいチキンを覆い、瑞々しく熟した赤いトマトが端っこにちょこんと居る。ドレッシングはオレンジで、コーンスープは黄色。実に彩りが鮮やかで素敵。フォトジェニックとはこのことだ。フォトジェニックという単語、コンビプレートが語源なのかもしれない。とにかく、美味しそうだ。

 やはり彼を信じて間違い無かった。ありがとうございます、フォトジェニックを受け取って席につく。横目で店員さんを見ると、もう次のお客さんにコンビプレートを勧めている。その対応と眼差しはプロフェッショナルそのもの。プロフェッショナルという単語、彼が語源なのかもしれない。とにかく、好感が持てた。

 

「今日一日散々だったけど、なんか良かったかもなぁ」

 

ぼんやりとそう思いながら、チキンを食べる。お行儀は良くないかもしれないが、骨を掴んでムシャリといく。フォークは付いてたが、これはサラダ用だ。だからこう、骨を掴んでムシャリといく。やっぱり、ムシャリといったほうがなんか美味しく感じるよね。こう、骨を掴んでね……。

 

 

 

アイエエエ!!?

骨!!!?

骨抜きチキンに骨ナンデ!!!??!(美味しく食べました)

 

そんなわけで骨のある奴になりたいですね。

骨のある奴ならそもそも恋人と喧嘩はしない。日曜に出社するようなヘマもしない。進捗管理も要件定義も交渉もすんなりいく。もちろん社長もニコニコだ。満員電車に辟易して途中下車するなんて真似はしないし、ケンタッキーを食べる時はいつも骨付きだ。

彼の骨付きチキン(胸肉だった)には、そういう骨のある奴になれっていう励ましの意味もあったのかもしれない。余計なお世話だ。

 

骨付きチキンを食べた後、この文章を書いて時間を潰してたら、丁度混雑ピークの過ぎる良い時間になった。それに、少しだけ前向きな気分になった。さぁて、帰ろう。急いで帰って早く寝よう。

 

電車に乗ったタイミングで車内放送が鳴った。「ただいま、二件目の人身事故のため、運転を見合わせております。お客様に……」

 

 

 

まぁ、こんな日もある。

 

何事も波がある。

何事も波があります。それは天候だったり気分だったり、調子だったり関係だったり、株価だったり成績だったり、性格や価値でさえ波がある。

 

まぁそれは、物理の世界では物体だって波だって見なしたりするんだから、当たり前といえば当たり前かもしれない。でも一方で、当たり前じゃないかもしれない。そんな当たり前さにだって、波がある。要するに波であるというのは、幅があって、動いてるということだ。

 

波なんだから山と谷が交代でやってくる。だから、いまが山なんだったら、そろそろ谷がくるだろうなって、予想がつく。でも、今日の谷はこのくらいだろって思ってたところに、予想より大きな谷が来たりすることもある。難しいけど、波があること自体に、波があるんだろう。これが厄介だ。

 

みんな波だと思って、あたりを見渡してみる。天気は遅れてやってきた梅雨のせいで谷だ。あの人は機嫌が良さそう、山だ。友人は恋人ができたと話していた。上り坂か、下り坂かは、進んで見ないと分からない。

 

見渡してみて、改めて気付いたのは、みんなどこかに向かっているということだった。波には向きがあるんだから、そりゃそうだ。ちょっとずつ前に進む波、逆に引いていく波、ぶつかって飛沫を上げる波、お互いがぶつかって渦になる波。それぞれがそれぞれの方向に、行ったり来たりをしている。

 

大きさもまちまちだ。チャプチャプしてるのもあれば、ザバーンと景気の良いのもある。津波みたいなのもあれはを、コップに注がれた水みたいにジッとしているのもたまにある。

 

そういう波を見てる自分も波だった。ていうことは、さっきの大きい波は、本当はもっと大きいのかもしれない、あるいは実は小さいのかもしれないという、その認識にも波があったということだ。そうなると、もうこんがらがってくる。

 

あれも波、これも波。こんなふうになんでも波にしたがる気分にすら、波がある。あれは波っぽくないぞ、これは波じゃない、と言い切れる、そういう波がある。

 

この、波じゃないと言い切りたいものこそ、とりあえずは大切なんじゃないかと思う。だって、波である自分からみて波じゃないということは、同じ向きで同じ幅の波だということだから。

 

そんな悟りみたいなポエムみたいな、なんかそういう、なにこれ?エッセイ?まぁそういう波が来たので、乗るしかないなっていう感じでした。

 

うまくまとまらない。それはでもまぁ、まとまるかまとまらないかと波があるし。今回はたぶん谷で、チャプチャプ程度、だといいけれど。

 

 

ゆっくり死んでいくだけの人生。

夢に父方の祖父が出てきた。「お前もいつか死ぬんだし、大切な物を見失うな」というようなメッセージを残していったところで目が覚めた。夢なので、全部僕の頭の中での話になるのだけど、それでも僕にとって祖父であることには意味がある。僕は祖父に命を救われているのだ。

 

祖父は僕がうつ病で死にそうな時に死んでしまった。幼い頃から良くしてくれた祖父だ、悲しくはなった。しかし不謹慎を承知で素直に言うなら、合法的に取得できる長期の休暇に嬉しさを隠せなかった。半ばワクワクしながら会社に連絡を入れ、スーツケースに荷物を詰めたのを覚えている。

 

酷い病気や事故が原因でなく、老衰での大往生だったというのもあってか、葬儀は穏やかだった。祖母が死んだときはもうちょっと違った。当時の僕は小学校3年生で死という概念をちゃんと理解できていたか微妙ではあったが、ただただみんなが深く悲しんでいる様子が悲しくて泣いてしまった記憶がある。当時の祖母が60半ばだったので、今考えてみるとかなり早い死だったのだと思う。

 

お通夜は、祖父の思い出話を話したり、お互いの近況を伝えったりで、和やかで楽しかった。久しぶりに人間らしい会話をしたような感じすらあった。うつ病で会社を休んでいることは伝えていたので、ひどく心配されていた。みんなに「そんな会社辞めてしまえ」と言われた。決定的だったのは、父の一言だった。

 

「お前もうつ病で大変だろうから無理にとは言わないけど、母さんが心配するし気が向いたらたまには連絡してやれ」

 

こんな台詞を、父に言わせてしまった。実の父を亡くした通夜を、今まさに過ごしてる父にである。今日くらい、父に気持ちよく祖父の話をさせてあげたかったし、本当はそうするべきだったと思う。しかし、僕の状態がそれを邪魔してしまった。情けなくて泣いた。上手く誤魔化せてなかったと思うけど、涙は祖父の死のせいにしながら、父の話をじっくり聞いていた。退職することを決めた。

 

退職し、うつ病もだいぶ回復した後になって母が振り返って言った。「しんどくなってるお前を休ませるために、じいちゃんが呼んでくれたのかもしれないね」そうかもしれない。あのとき休めてなかったら僕は今どうなっていただろうと想像すると、ゾッとする。生前の祖父は頑固で気前の良い人だったと記憶しているが、死に顔は優しく柔らかな表情だった。

 

そんな祖父が夢に出てきて応援してくれた。今朝の話である。何か頑張ろうという気になった。普段は夢なんて信じないくせに都合が良過ぎると自分でも思う。でも、逆に安心している。どうやら頑張り過ぎてるときには、祖父が警告を鳴らしてくれるみたいだ。

 

結局最後は死ぬ。好きにやって行こう。ただし、大切なものはしっかりと守りながら。